English Japanese
&Add Bridge ブリッジの追加 (&A)
&Ask On Error エラー時に尋ねる (&A)
&IP Address IP アドレス (&I)
&Location of Repositories リポジトリの場所 (&L)
&Mode モード (&M)
&Subnet サブネット (&S)
&User Settings ユーザ設定 (&U)
<p>
See the product deployment guide for details on the network
configuration and on using this YaST module.
</p>
<p>
ネットワーク設定、および本 YaST モジュールの使い方について、
詳しくは製品配置ガイドをお読みください。
</p>
<p><b><big>Initializing Crowbar Configuration</big></b><br>
Please wait...<br></p>
<p><b><big>Crowbar の設定を準備しています</big></b><br>
しばらくお待ちください...<br></p>
<p><b><big>Saving Crowbar Configuration</big></b><br>
Please wait...<br></p>
<p><b><big>Crowbar の設定を保存しています</big></b><br>
しばらくお待ちください...<br></p>
<p><b>Crowbar Configuration Overview</b>
<br></p>
<p><b>Crowbar の設定概要</b>
<br></p>
<p>Each physical interface definition needs to fit the pattern
<tt>[Quantifier][Speed][Order]</tt>.
Valid examples are <tt>+1g2</tt>, <tt>10g1</tt> or <tt>?1g2</tt>.</p>
<p>それぞれの物理インターフェイス設定は、下記のパターンで指定する必要があります:
<tt>[符号類] [速度] [順序]</tt>
たとえば <tt>+1g2</tt>, <tt>10g1</tt>, <tt>?1g2</tt> のように指定します。</p>
<p>Here you can edit the location of your <b>Update Repositories</b>.</p>
<p>
If repositories are stored at SMT server or SUSE Manager server, it's enough to enter server's URL and the paths
to repositories will be filled automatically.</p>It is also possible to use custom paths. Some examples of how the URL could look like:
</p><p>
<ul>
<li><i>http://smt.example.com/repo/SUSE/Products/SLE-HA/12-SP2/x86_64/product</i> for SMT server
<li><i>http://manager.example.com/ks/dist/child/suse-openstack-cloud-7-pool-x86_64/sles12-sp2-pool-x86_64/</i> for SUSE Manager Server.
</p><p>
For detailed description, check the Deployment Guide.
</p>
<p>ここでは、 <b>更新リポジトリ</b> の場所を編集することができます。</p>
<p>
リポジトリが SMT サーバや SUSE Manager Server 内に用意されている場合、サーバの URL を指定すれば、
残りは自動的に補完されます。</p>独自のパスを指定することもできます。 URL 例としては、下記のようなものがあります:
</p><p>
<ul>
<li>SMT サーバの場合: <i>http://smt.example.com/repo/SUSE/Products/SLE-HA/12-SP2/x86_64/</i>
<li>SUSE Manager Server の場合: <i>http://manager.example.com/ks/dist/child/suse-openstack-cloud-7-pool-x86_64/sles12-sp2-pool-x86_64/</i>
</p><p>
詳しい説明については、配置ガイドをお読みください。
</p>
<p>Here, define a <b>Network Mode</b> with relevant <b>Bonding Policy</b>.</p>
<p>You can also specify interface names for the bastion network conduits as space-separated list.</p>
<p> ここでは <b>ネットワークモード</b> と関連する <b>ボンディングポリシー</b> を設定します。</p>
<p> スペース区切りの一覧で指定することで、 bastion ネットワーク用のインターフェイス名を指定することもできます。 </p>
<p>Manage user names and passwords for Crowbar administrators.</p> <p>Crowbar 管理者に対するユーザ名とパスワードを管理します。</p>
A&dd Repository リポジトリの追加 (&D)
Add &Bastion Network Bastion ネットワークの追加 (&B)
Administrator Name 管理者名
Architecture アーキテクチャ
Ask On Error エラー時に尋ねる