SUSE has an in-house translations created by contracted translators in past. The work flow did not allow to merge translations between openSUSE and SLE trees up to now. It caused translation divergence. SLE Merge Robot is an output of the merge effort, and “suggests” to use SLE translation. Please review carefully, and keep standard terminology used in your language. Initial import of yast was created from the community translations, but strings actually missing in the community translation were taken from the contracted SUSE Linux Enterprise translations. These translations are mixed in Weblate. If you are interested in the SUSE Linux Enterprise translations import review, go to ftp://ftp.suse.com/pub/people/sbrabec/yast-translations-sle-contributions/

Translation status

Strings162
100.0% Translate
Words2955
100.0%
Approved
Good
Failing checks
Needs editing

Project Information

Project website https://github.com/yast/yast-scanner
Translation process
  • Translations can be made directly.
  • Translation suggestions can be made.
  • Any authenticated user can contribute.
  • The translation uses bilingual files.
Translation license GPL-2.0-only
Repository git@github.com:yast/yast-translations.git
Repository branch master 7e8a18e741, 19 minutes ago
Repository containing Weblate translations https://l10n.opensuse.org/git/yast-base/master/
Filemaskpo/scanner/*.po
Translation file po/scanner/ja.po
When User Action Detail Object
a month ago none Resource update yast-scanner/master - Japanese
a month ago admin Resource update yast-scanner/master - Japanese
5 months ago admin Resource update yast-scanner/master - Japanese
2 years ago none Committed changes yast-scanner/master - Japanese
2 years ago YasuhikoKamata Translation changed yast-scanner/master - Japanese
ドライバ有効にする
2 years ago none Committed changes yast-scanner/master - Japanese
2 years ago YasuhikoKamata Suggestion removed yast-scanner/master - Japanese
hpojドライバを設定し、実行するためにはPTALシステムが必要です。
具体的には、ptalサービスが開始され、実行されている必要があります。

ptalサービスは、PTALシステムが初期化された後で、開始できるようになります。
ptalサービスは、ブート時に開始されるように、有効にする必要があります。
PTALシステムとhplipサービスを同時に使用することはできません。
したがって、hplipサービスが実行されている場合、PTALシステムを
初期化した後、有効にし開始する前に、hplipサービスは停止され無効になります。
PTALシステムは、USBを使用する場合に限り、初期化を自動化しても安全です。
USBでないデバイスを使用する場合や、USB用のUSBの自動初期化に失敗した場合には、
PTALシステムを手動で設定します。
スキャナとプリンタのオールインワンデバイスを使用している場合は、実行中のptalサービス
によってUSBデバイスファイル(例:/dev/usb/lp0)が独占されるため、
USBデバイスファイル経由でプリンタにアクセスできなくなります。

USBのPTALシステムを初期化した後、有効にして開始しますか?
2 years ago YasuhikoKamata Suggestion removed yast-scanner/master - Japanese
ファイアウォールの詳細については、このダイアログのヘルプテキストを参照してください。
2 years ago YasuhikoKamata Suggestion removed yast-scanner/master - Japanese
ファイアウォール設定で、ネットワーク経由でのスキャンが許可されていることを確認してください。
2 years ago YasuhikoKamata Suggestion removed yast-scanner/master - Japanese
ネットワーク経由でのスキャナの設定に失敗しました。
Browse all translation changes

Customize download

Statistics

Percent Strings Words
Total 162 2955
Translated 100.0% 162 2955
Needs editing 0.0% 0
Failing check 0.0% 0

Last activity

Last change Jan. 29, 2018, 5:56 a.m.
Last author Yasuhiko Kamata

Activity in last 30 days

Activity in last year