Project Translated Words Needs editing Checks Suggestions Comments
Leap-15.1
100.0% 100.0% 0.0% 0.0% 0.0% 0.0% Translate
Leap-15.2
100.0% 100.0% 0.0% 0.0% 0.0% 0.0% Translate
master
100.0% 100.0% 0.0% 0.0% 0.0% 0.0% Translate

Approved
Good
Failing checks
Needs editing

When User Action Detail Object
8 days ago none Committed changes release-notes-openSUSE/Leap-15.2 - Japanese
10 days ago YasuhikoKamata New translation release-notes-openSUSE/Leap-15.2 - Japanese
この問題は NVIDIA 社のグラフィックカード向けドライバでも発生するため、 openSUSE では公式のパッケージとして提供することで解決しています。ただし、新しいパッケージを動作させるには、新しい MOK 鍵を登録する必要があることに注意してください。ドライバのインストール方法と MOK 鍵の登録方法について、詳しくは <link xlink:href="https://ja.opensuse.org/SDB:NVIDIA_drivers#Secureboot"/> をお読みください。
10 days ago YasuhikoKamata New translation release-notes-openSUSE/Leap-15.2 - Japanese
カーネルモジュールが未署名の場合や未知の鍵で署名されている場合もしくはシステム側で信頼するもの以外の鍵鍵以外で署名されている場合は、読み込みが失敗します。
10 days ago YasuhikoKamata New translation release-notes-openSUSE/Leap-15.2 - Japanese
UEFI Secure Boot が有効化されている場合、これによってサードパーティ製のカーネルモジュールを読み込めなくなってしまうことがあります。特に NVIDIA 社や AMD 社が自社のリポジトリ内で提供する、グラフィックカード向けのドライバがそれに該当します。公式の openSUSE リポジトリ内にあるカーネルモジュールパッケージ (KMP) については、 openSUSE の鍵による署名が付与されていることから、問題なく動作します。なお、署名チェックは下記のように動作します:
11 days ago stfnknorr New string to translate release-notes-openSUSE/Leap-15.2 - Japanese
11 days ago stfnknorr Resource update release-notes-openSUSE/Leap-15.2 - Japanese
a month ago admin Committed changes release-notes-openSUSE/Leap-15.2 - Japanese
a month ago YasuhikoKamata New translation release-notes-openSUSE/Leap-15.2 - Japanese
独自の証明書を作成してシステムの所有者鍵 (Machine Owner Key (MOK)) データベースにそれを取り込み、かつその証明書を利用してカーネルモジュールに署名を行なうことで回避することも可能です。この方法で署名されたカーネルモジュールは問題なく読み込むことができるほか、警告を表示するようなこともありません。詳しくは <link xlink:href="https://ja.opensuse.org/openSUSE:UEFI"/> をお読みください。
a month ago YasuhikoKamata Translation changed release-notes-openSUSE/Leap-15.2 - Japanese
openSUSE Leap 15.2 ではサードパーティ製のドライバに対するカーネルモジュールの署名チェックを行なうようになっています (<literal>CONFIG_MODULE_SIG=y</literal>) 。これはカーネル内で不正なコードを実行しないようにするための重要なセキュリティ設定です:
a month ago YasuhikoKamata New translation release-notes-openSUSE/Leap-15.2 - Japanese
UEFI Secure Boot が有効化されている場合、 openSUSE Leap 15.2 ではサードパーティ製のドライバに対するカーネルモジュールに対して署名チェックを行なうようになっています (<literal>CONFIG_MODULE_SIG=y</literal>) 。特に NVIDIA 社や AMD 社が提供するリポジトリからドライバをインストールする場合は注意してください。なお、署名のチェックは下記のような動作をしまこれはカーネル内で不正なコードを実行しないようにするための重要なセキュリティ設定です:
Browse all language changes

Activity in last 30 days

Activity in last year